ネットビジネス手法の不安を払拭する事も重要

この記事の所要時間: 856

ネットビジネス不安

 

 

現在あなたが取り組んでいるネットビジネスの手法
本当に正しい方法ですか?

 

私達の時間は全員平等の24時間です。

 

その限られた時間の中で
大切な時間を使い日々作業に
取り組んでいると思います。

 

いつでも質問できる人は周りにいるでしょうか?

 

ネットに関わらずどんな仕事でも
メンター的な存在は必要だと思います。

 

私もメンターとの出会いが無ければ
今は無かったかもしれません。

 

本日はここ最近質問があった中で
多かった質問を抜粋してブログで紹介していこうと思います。

 

真義です。

ネットビジネスに参入して様々な手法を実践する中
1人で作業をしているとどうしても不安が付きまといます。

 

これは私も経験済みな事なので、
恐らくこの記事をご覧いただいているあなたも
少なからずこのような経験があると思います。

 

今、実践している方法は本当に正しいのか?

やり方が間違ってはいないか?

・悩みを相談したいけどメンターといえる存在がいない

 

これはあなただけでなく
ネットビジネスに参入した初心者の方は
ほぼ、全員悩み・葛藤しているのです。

 

それではここから私に来た質問に対して回答をさせて頂きます。
同じような疑問を持っている方もいるかもしれませんので
参考になれば幸いです。

ここでご返信させていただきますね。

 

Q:ネットビジネスで初心者が最初に取り組むべき事は?

ネットビジネスで最初に取り組むべき事は
まずはこれからビジネスをスタートする上で
どの手法で始めるのかを決める事です。

そして手法が決まったら、その手法を遂行する為に
どんなスキルが必要かを知り、そのビジネスで稼ぐまでのゴールを
イメージできるくらいまで落とし込みます。

イメージできるようになれば、後は直ちにビジネスをスタートする事です。

 

Q:広告費などをかけずにできる初心者に適した手法は無いでしょうか?

広告費などをかけずにできるネットビジネスは
アフィリエイトですね。ただアフィリエイトにも複数の手法があり
広告費をかけないという事で言えば、サイトアフィリエイト、
トレンドアフィリエイト・ユーチューブアドセンス
などが主流です。

しかし、私のオススメとしては情報商材のアフィリエイトです。
この分野はアフィリエイト報酬が高く、稼ぎやすいです。

 

Q:ユーチューブアドセンスを始めたいのですがオススメの指南書的な教材はありますか?

ユーチューブアドセンスは確かにネット初心者でも稼ぎやすい、
経費が掛からないビジネスです。
勿論、多少のリスクはあります。

それがアカウント停止のリスクです。
しかし、キチンとした方法で実践すれば
そのリスクも最小限に抑える事ができます。

お勧めのユーチューブ教材としては
下記が良いと思います。

こちら
→ こちらをチェックしてください。

Q:せどり転売は今からでも稼ぐ事はできる市場ですか?

せどり転売については今からでも稼ぐ事は可能ですが
せどりの場合は仕入れが必要です。
つまり、売上を上げる為の仕入れですね。

しかし、問題は不良在庫です。仕入れたはいいけど売れない在庫ですね。

これで利益が圧迫するんです。

他のビジネスと比較してもキャッシュフローがかなり良いのですが
最近では国内転売でアマゾンを利用する場合は以前に比べると
色々と問題があります。

例えば家電メーカーなどの商品を出品する際は
仕入れた問屋からの見積書や請求書が必要だったり・・

様々な規制がここ最近でもかけられていますので
稼ぐ事は可能ですが、利益率は低いという事を
認識した方が良いと思います。

 

そうですね。利益率20%~30%ぐらいでしょうか
ここから不良在庫などを見積もった場合はこれより少し下がる感じですかね。

Q:ネットビジネスで最短で稼ぐ方法ってなんでしょうか?

ネットビジネスで稼ぐ手法は複数ありますし、稼ぐ金額にもよりますが
結果がスグにでるのはPPCアフィリエイト・転売ではないでしょうか?

但し、結果は早く出ますが、初月で数十万とかは難しいと思います。

勿論、広告費や転売であれば仕入れ資金が用意できる状況であれば
初月からでも正しい手法で取り組めばそこそこは稼ぐ事はできます。

まあ3カ月ぐらいのスパンで売上を全て、PPCの場合は広告費
転売なら仕入資金に投入してけば、売上も膨らんでいくので
3カ月後には数十万という利益も全然可能です。

それらを踏まえて実践するビジネスを選択すれば良いと思いますよ。

 

Q:情報商材アフィリエイトを始めたいのですがどんな手順でやればよいでしょうか?

情報商材アフィリエイトでもどんな手法で取り組むかによりますが
ブログなどで展開する場合の手順を簡単に解説すると

・ブログを作る

・ブログにアクセスを流す

・集客導線(メルマガ)に登録してもらう

・アフィリエイトをする。

 

簡単な流れはこんな感じです。

当然1つ1つの中でやる事はありますが、
至ってシンプルな手法です。

 

しかも情報商材の場合は利益率は90%以上ある為
大きなお金を稼ぐ事が可能です。

キチンと集客ができ、仕組みが回っていけば
1日5万・10万とかのアフィリ報酬ぐらいなら稼ぐ事は十分可能です。

何をするにしても、最終的にはこの分野に
参入した方が良いと思います。

Q:極力お金をかけずにネットビジネスをやりたいのですがオススメの手法は?

こちらの質問については何とも回答が難しいのですが
ビジネスとしてお金を稼ぐなら、投資は必要です。ということでしょうか?

但し、お金をかけないにしてもビジネスとして最低限の
投資は必要です。逆に、稼ぐ稼げない関係なしに
個人でネットで検索しながら実践するのも選択肢の1つですが

ネットビジネスはそれで稼げる程、甘くはありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上が回答でした。

 

ここでご紹介した質問事項は一部の質問です。
1つ1つ紹介できる数ではないので質問の中で多い順に紹介しました。

 

色々な事で悩んでいる人が多いですが
まずは悩むよりも、行動だと思います。

 

行動する中で悩み等が出てくれば、技術的な事は
ほぼ100%グーグルに質問をすると解決できます。

 

細かいノウハウや取り組んでいる手法の事は
購入したサイトの運営者などサポートが付いている場合は
そちらで対応してくれるはずです。

 

対応してくれないサイトも稀にありますが
現在のこの業界はかなり販売者の方もレベルアップしているので
余程の事が無い限りはサポートが付いているなら対応してくれます。

 

それから質問の中にお金をかけずにできる手法は?という
質問がありましたが、これは私から言わせたら
話になりません。っていうか・・・

 

本来ビジネスをやる上で全くお金をかけずに
ビジネスをやりお金を稼ぐ事は出来ないと思います。

 

お金をかけたくないならネットビジネスよりも
バイトをした方が良いのではないかなと思いますね。

 

バイトだったら自分の時間を切り売りすればいいだけで
お金がかからず、決められた時給が貰えます。

 

まずはそこから始めてお金を貯めてから
ネットビジネスに取り組んでみてはどうかなあと思うのです。

 

少なからず副業でも1人の自営業者として
ビジネスをやるのですからある程度の投資は必須です。

 

勿論、オフラインのビジネスのような投資はかかりませんし
投資と言えるほどの金額ではありません。

 

それこそ、サーバー代やその他諸々の経費と
後はネットビジネスをスタートするにあたっての
指南書的な教材があればすぐにスタートできます。

 

それを調達できない状況の場合は
ネットを始めても時間の投資だけで終わってしまうので
非常に勿体ないと思います。

 

いかがでしたでしょうか?

 

人それぞれ考え方は違っても
ビジネスを遂行していくにあたっての
最低限必要なものは違いはありません。

 

ブログを作るなら無料よりも有料で作った方が
リスクもありません。

何かを学ぶのにもネット上に溢れている
無料情報で学んでも知識の向上にはなっても
ビジネスで使えるものはありません。

 

だから最低限必要な事には
躊躇せずに投資ができるようになりましょう。

こちらの2つの記事もお役に立てると思います。

ネットビジネス入門編~失敗しない選択肢~
http://ml999.info/net-business-nyumon-1993/

ネットビジネスの罠~裏側を暴露!これを知っていると騙されない!
http://ml999.info/net-business-uragawa-1997/

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

本日の記事がお役に立てた場合は
読んだよ!の合図と応援して頂けると嬉しいです。
→ https://blog.with2.net/link/?1907624

現在メルマガ購読の方には
キャンペーン中でプレゼントを用意しています。

■真義のメルマガ

→ http://dlax.biz/?page_id=50

真義に質問するには下記からお願い致します。
→ http://ml999.info/otoiawase/

無料スカイプ相談受け付けています。
→ http://fdssystem.info/entry/form.php?form_id=78
※上記フォームからお気軽に問い合わせくださいね。

ありがとうございます。

真義

 

コメントを残す

このページの先頭へ